男性のvio脱毛はレーザーがおすすめ

現在はビキライン脱毛もvioの時代で、エステサロンやクリニックでも専用のコースが用意されることが増えてきました。女性に人気の施術ですが、男性もこうした施術を希望する人が増えています。女性よりも剛毛で、デリケートな部位の施術ということで不安があるという人も少なくありません。

安心してムダ毛を処理するためにも施術方法は慎重に選びたいところです。ここでは男性に適したvio脱毛の方法について書いていきます。

合わせて読む:男性でも使える!家電量販店で買える、おすすめの光脱毛器

vio脱毛を行うメリット

以前は日本では腕や脚のムダ毛は処理するものの、デリケートゾーンは特に処理を行わない、Vラインのみを整えるという人が多く、IラインやOラインはそのままということも多かったものです。海外ではビキニラインのお手入れはエチケットとなっており、vio脱毛で丁寧な処理をすることは特に珍しいことではありません。

海外セレブの美容法やドラマなどの影響もあり、日本でもvioの人気が高まっています。女性に特に人気の施術で、専門のコースを用意するサロンやクリニックも増えてきました。ムダ毛は最近では男性も気にする人が増えています。

女性の場合のvio脱毛は清潔さを保つため、下着や水着からのはみ出しを防ぐためなどが施術を申し込む理由として多いですが、男性もやはり清潔さを得たい、ローライズや水着からのはみ出しを防ぎたいなどの理由で施術を希望する人が多くなっています。

施術を受けるメリットとしては、デリケートゾーンの自己処理の手間がなくなること、ムレや汚れを防ぎ清潔を保てることがあげられます。ムダ毛が目立たなくなることで下着やファッションをより自由に選べるのもメリットと言えるでしょう。

様々な施術方法

vio脱毛の方法はひとつではなく、実に様々な方法があります。海外でよく選ばれている方法にはブラジリアンワックスがあげられます。毛根からしっかり処理でき、その場で毛がなくなること、シェービングとは違い、伸びてきた際も毛先がチクチクしないこともメリットです。

短時間で細かな部位まで処理できるのも魅力ですが、毛根から抜き取る方法ですので、ワックスを剥がす際は一瞬の痛みがあります。参考リンク>メンズ光脱毛 ... Haloss

一時的な効果ということもあり、繰り返し処理が必要ということは理解しておきましょう。

日本でもワックス脱毛の利用はできますが、エステサロンやクリニックで行われている施術は光脱毛、レーザー脱毛が主流です。これらは光の質は違いがありますが、毛根の黒い部分に照射し、ダメージを与え毛の再生を抑えていくという意味では同じです。

光脱毛はもともと出力が弱いので痛みが少ないのがメリットです。レーザー脱毛は出力が高いためやや痛みは強いとされていますが、その代わりより早く結果が出せるのがメリットです。いずれの施術も毛周期に合わせて行うことで、だんだん毛が薄く目立たなくなっていきます。

光とレーザーどちらを選ぶのか

エステサロンの光脱毛と、医療機関のレーザー脱毛とどちらを選ぶのかも悩むところですが、男性の場合はより剛毛ということもありますので、出力の高いレーザー脱毛が向いています。エステサロンの施術は痛みが少ないのがメリットですが、そのかわり結果が出るにも時間が掛かる傾向にあります。

そうなると通う回数も増えますし、費用の負担も増えることにつながります。医療機関のレーザー脱毛は高額というイメージもありますが、出力が高く結果が早く出せるので、その分通う回数も抑えられるのがメリットです。

トータルではエステサロンよりも安くなる場合もあります。医療機関を選ぶメリットは安全性に優れていることもあげられます。施術を担当するのはエステサロンではエステティシャンなどの美容スタッフです。これに対して医療機関では医師や看護師などの医療の専門家が対応しますので、より安全性の高い施術が期待できます。

陰部は色素沈着がしやすい部分ということもあり、施術中は痛みを感じやすい、火傷などが起きる可能性もないとは言えませんが、もしもの肌トラブルにも迅速に対応できるのも医療機関を選ぶメリットです。

希望の仕上がりにするためには

vio脱毛をすると清潔な状態が保てますし、ムレや臭いを防ぐこともできます。さらにビキニタイプの水着や下着も安心して選べるなど多くのメリットがあります。理想の仕上がりは人それぞれ違いますので、希望の仕上がりにするためにはカウンセリングの際に希望をしっかり伝えておくことも大事です。

海外でのvio脱毛はまったく無毛にしてしまう人も多いですが、日本ではまだそうしたスタイルは定着しておらず、抵抗がある人は少なくありません。それゆえ、施術を申し込む際はVラインは少し残しておく人も多くなっています。

Vラインのデザインも、逆三角形、長方形、オーバルなど実に様々ですので好みの形を伝えておきましょう。さらに毛を残したい範囲も人それぞれ違いますので、どこまで処理するのか、どの程度、毛を残しておくのかも決めておきたいところです。

痛みを軽減する工夫

レーザー脱毛は出力が高い分、痛みも強いとされていますが、クリニックでも痛みを抑えるための様々な工夫が行われています。最新の機器はより痛みも抑えられていますので、新しいタイプの機器が導入されているかは良く調べておきましょう。

それから出力の調整や冷却で痛みもかなり抑えられます。肌が乾燥していることや剃り残しがあることも痛みにつながりますので、保湿をしっかり行っておくこと、自宅でのシェービングは丁寧に行うことも大事です。現在ではより痛みが軽減された施術が行われていますので、vio脱毛も安心して利用できると言えますが、痛みに弱いという人は表面麻酔などで対応してもらうこともできます。

そして施術当日に飲酒や長い入浴を行うなどの血行を良くする行為も、痛みを強くする原因となりますので注意しましょう。

男性スタッフと女性スタッフを選べる

vioはデリケートゾーンということもあり、女性スタッフには抵抗を感じる男性も少なくありません。紙パンツを用意する、タオルを掛けるなど恥ずかしさを感じない工夫は行われていますが、それでも抵抗があるという人は多いものです。

施術スタッフは女性というところも多いですが、男性専用のサロンやクリニックでは男性スタッフが在籍していることも多くなっています。女性による施術に抵抗がある人は男性スタッフが担当してくれるクリニックや男性スタッフか女性スタッフかを選べるクリニックを選んでおくとより安心です。